世界のお金サーチ〜お金と通貨の秘密

世界のお金と通貨の秘密、最新の通貨レート、お金の歴史・トリビアを紹介

世界の通貨や歴史、日本の紙幣に書かれている肖像や番号の秘密を探る。

日本銀行券(にっぽんぎんこうけん)とは、日本銀行が発行する銀行券であり日本国で通用する紙幣である。

お金と通貨のトリビア

お金と通貨の秘密、トリビアを紹介します。
今まで知らなかったお金のこと、お金の歴史等々

 


お金サーチ〜お金と通貨の秘密


5円や50円玉にはなぜ穴が空いているか

色々な説がありますが、一番有力な理由は
他の硬貨と区別を付けるためです。
実際に見なくても、ポケットの中などでさわっただけで、どの硬貨かわかるようになっています。

見分ける方法として、
1円硬貨:軽いし手触りも違うのですぐにわかりますが、穴無し、ギザ無しです。
間違えるとすると10円硬貨と間違える可能性がありますが、重さや手触りが全く違います。

5円硬貨:穴があり、ギザがないものを探します。

10円硬貨:穴が無し、ギザが無しのものを探します。

50円硬貨:穴があり、ギザがありのものを探します。

100円硬貨:穴が無し、ギザがありのものを探します。

500円硬貨:大きくて重いのですぐにわかります。間違えやすいのは100円硬貨とですが
ギザの感じも違いますのでわかります。

硬貨の裏表はどっち?

年号が書かれている方が「裏」ということになっています。
年号が書かれている方は、「1」とか「100」というように数字も書かれていて
そちらが表のような気がしてしまいますが、そちらが裏になっています。

江戸時代の一両は今の価値にするといくら?

これはとても難しい換算です。
江戸時代と今では社会の構造も暮らしもかなり異なります。
しかしあえて換算するということであれば、江戸時代の価値を計る一般的な方法で
米の値段を元に換算してみますと、江戸の初め頃では1両は10万円ほどと考えられます。

昭和の初めの1円は今の価値にするといくら?

「僕の初任給は500円だった」などと昔の話を聞く機会がありますが、
その時の1円は今でいうといくらだったのか、わからないと現在のアルバイトの時給並みに
なってしまいます。

これも上記の換算同様非常に難しいものですが、あえて換算しますと
昭和2年ごろの1円は今でいうと約600円くらいの価値のようです。
そのため、その当時の500円というのは今でいうと30万円くらいのようです。

 



このページの一番上へ



最終更新日: 2014年03月01日
   
| リンクについて | サイトマップ | メール |